メニエール病とは耳に関する病気|病気を把握して症状を防ぐ

病院

辛いめまいを診てくれる

お花

安心感が魅力

内リンパ液の過剰生産によって、音を伝える蝸牛と平衡感覚を司る半規管・耳石器に内リンパ液が溜まり、腫れることにより難聴やめまいの症状が現れるのがメニエール病の特徴です。数分から数時間以内にめまいは落ち着くものの、長引くケースも少なくはないため、かかりつけ医の存在が疾患を持つ方々から支持されています。メニエール病はもちろん、健康について正確な知識を得るための情報源としても活用でき、適切な判断で最適な診療を行ってくれる点でも評価を高めています。これまでは若い世代に多い疾患とされてきたものの、年配者にも増えており、めまいに詳しい医師が症状のコントロールをアドバイスしてくれるなど、生活上でも安心できるために地域密着型の医療機関は人気を集めています。

発作が起こりやすい状況

めまいや難聴の前兆が特にないのがメニエール病の特徴でもあり、突然めまいに見舞われるため、自覚症状のない方の場合にはパニックに陥り、救急医療でメニエール病と診断されるケースが多い特徴が挙げられています。めまいの症状が特徴であるため、内科・脳外科などの何科を受診するべきなのか、悩むケースも相次いで報告されていますが、めまいの症状は耳鼻科医が担当しているため、早期治療を進めるためには利用したい医療機関です。また、様々な症状を繰り返す内に聴力が低下するなどの進行性のある病気のため、適した治療を求めることで対策は可能です。さらに研究によって明確になった情報も増えており、例えば、めまいが起こりやすい時となるのが、精神的・肉体的な疲労を感じている時、睡眠不足、さらに気圧が低い時にもめまいが起こりやすいため、症状が現れる前に薬や休息などのケアに励むことが可能です。

Copyright© 2016 メニエール病とは耳に関する病気|病気を把握して症状を防ぐAll Rights Reserved.